お好み比較リスト-

比較リストに
追加しました

20件まで登録可能

全て削除

比較リストに登録がありません

一件戻る
一件進む

比較リストで詳細比較する

ショッピング保険とは?

クレジットカードには、保険が自動付帯しているものもあります。その中の一つに、ショッピング保険があります。

ショッピング保険の内容

クレジットカードで商品を購入して、その商品を壊してしまった、盗難に遭ってしまった場合、カードの中にはショッピング保険を使えるケースもあります。カード会社によって、ショッピングセイバーや買い物保険、ショッピングプロテクション、ショッピングガードなどいろいろな呼称が見られます。しかしすべて基本的に内容は一緒だと思って下さい。

物を壊してしまって、修理が必要な時には修理代をカード会社が補償します。物を盗まれた、修理不可能で買い直さないといけない場合、商品代金の全額が補償されます。現金でショッピングすればこのような補償はないですから、カードでショッピングした方が安心です。

ショッピング保険の注意点

ショッピング保険を利用するにあたって、注意すべき点がいくつかあります。まず、カードを使って購入したすべての品物が補償されるとは限りません。カード会社によって違いがあるものの、パソコンやペット、デジタル関係のコンテンツ、サーフボード、メガネ、商品券は適用外です。

またショッピング保険の場合、年会費とは別に負担金を支払わないといけないものが多いです。負担金はカード会社によって異なるものの、3000円~1万円が相場です。

またショッピング保険が適用されるには、一定期間内でないといけません。一般的には、クレジットカードで購入してから90日以内が対象です。それ以降に盗まれるとか壊しても補償は受けられません。

その他にも一括払いでは補償が受けられないなど、条件を付けているカードもあります。条件を確認して、カードショッピングをしましょう。

カード別ショッピング保険の状況

ショッピング保険はすべてのクレジットカードについているわけではありません。カードの種類と保険はけっこう密接に関係していますからここで紹介しておきます。

まず年会費無料のカードの場合、まずショッピング保険は付与されないと思いましょう。カードならショッピング保険が付帯していると思い込んで、落とし穴にはまる人もいますから注意です。

年会費のついているカードでも、いわゆるプロパーカードにショッピング保険のついていない可能性が高いです。ただしオプションとなっているカードは見られます。年会費の他にいくら負担金を出すと保険が付くカードもありますから、必要な人はつけると良いでしょう。

ゴールドカード以上のステータスカードには、ショッピング保険は無条件についています。しかも100万円以上の高額保障も可能な種類も見られます。ゴールドカード以上を保有している人は、カードでショッピングをした方が安心です。

クレジットカード人気比較.comからのお知らせです

この1ヶ月で27,964人がこのサイトから
クレジットカードを比較しました。

ページの先頭へ