お好み比較リスト-

比較リストに
追加しました

20件まで登録可能

全て削除

比較リストに登録がありません

一件戻る
一件進む

比較リストで詳細比較する

スキミング被害に遭った時の対処方法とは?

スキミングといって、特殊な端末にカード情報がコピーされてなりすましの被害に遭うケースが多いです。スキミング被害にあった時の対処法を紹介します。

早くカード会社に通報する

クレジットカードの明細書を確認したところ、身に覚えのない引き落としを確認するケースも見られます。もしカードや財布を紛失した覚えがないのなら、スキミングでカード情報を盗み取られている可能性が考えられます。

スキミング被害に遭ったのなら、対処すべき方法は一つです。早く銀行やカード会社に連絡することです。そうすれば、対象のカードを使った取引は一切できないようになります。

またクレジットカードの中には、被害報告があってから一定の期間さかのぼって補償するサービスもあります。こちらを活用すれば、被害をゼロにもできます。スキミングの可能性があれば、早めにカード会社へ相談することが大事です。

早く気付くためには

一定の期間であれば、カードが使われてもカード会社から補償が受けられます。しかし気が付かないまま放置していると、被害が大きくなりかつ補償も完全に受けられなくなります。

そこで毎月来るクレジットカードの明細は、内容含めしっかり確認することです。身に覚えのない内容が記載されていないかチェックする習慣をつけましょう。

またカードの支払いや口座から引き落としがあると、メールなどで通知してくれるサービスがあります。こちらを利用すれば、リアルタイムで身に覚えのない支払いに気付けます。

カードの支払いを口座引き落としにしているのなら、預金から引き出すたびになるべく預金通帳に記帳すべきです。おかしな引き落としがあれば、すぐに気が付けます。自分もスキミングの被害に遭う可能性があると思って、注意深く自分のお金の流れを把握することが大事です。

補償が認められないケースも

通常スキミングの被害に遭えば、カード会社から補償が受けられます。ただし皆さんにも過失のある場合には、補償の適用外にされる危険性もあります。特に以下のような過失には注意すべきです。

まずクレジットカードの裏面には、署名欄が設けられています。この署名欄にサインがないと、不正利用されても補償が受けられません。サインを書いていない人は、速やかに記載をしましょう。

また暗証番号が簡単に他人に分かるような設定していると、補償が受けられません。誕生日や住所、電話番号にしている人は暗証番号の設定変更をしましょう。

中には暗証番号が難しくて覚えられないから、カードに暗証番号を書くとかメモを財布の中に入れている人も見られます。これも簡単に他人に暗証番号が分かってしまうので、補償は受けられません。

レジやカード端末、ATMにスキマーを仕掛けられるケース、携帯型のスキマーを使ってコインロッカーで情報を盗まれるケースなど手口は多岐にわたります。だからこそ、被害にあった時の対処は必要です。

クレジットカード人気比較.comからのお知らせです

この1ヶ月で27,964人がこのサイトから
クレジットカードを比較しました。

ページの先頭へ