お好み比較リスト-

比較リストに
追加しました

20件まで登録可能

全て削除

比較リストに登録がありません

一件戻る
一件進む

比較リストで詳細比較する

フィッシング詐欺には要注意!

フィッシング詐欺といって、偽のメールやホームページを使ってクレジットカード情報などの個人情報を盗み出す方法が問題です。騙されないようにするためにはどのような対処をすればいいのか紹介しましょう。

フィッシング詐欺の手口を理解する

フィッシング詐欺の典型的な手口は、カード会社や銀行を装ってメールを出す方法です。言葉巧みにメールの中にあるURLにアクセスさせ、個人情報を入力させます。ホームページは、いかにも銀行やカード会社のそれのように巧みに作られているため、だまされる人も多いです。

その他には、掲示板を使って偽のホームページにアクセスさせる手口も見受けます。掲示板やSNSを使って、URLを記載します。そしてサイトにアクセスさせ、入力した情報を盗み取ります。

また一見するとカード会社や銀行のURLのように見せかけて、アクセスさせるように仕向ける手法もあります。例えばアルファベットのオーがゼロになっているとか、小文字のエルが大文字のアイになっているなどです。一見すると区別がつかないため、ついアクセスするわけです。

直接サイトを訪れること

このようなフィッシング詐欺に遭わないためには、常日頃から個人情報入力には気を付けるのが大事です。例えば金融機関やカード会社のログインページにアクセスする場合には、金融機関やカード会社から通知を受けたURLを直接入力してアクセスすることです。いちいち入力するのが面倒なら、ブックマークに登録して、ワンクリックでアクセスできるようにしましょう。

上で紹介したように、どのようなメールであれメッセージのURLをクリックするのはやめた方が良いです。このように本物のホームページにアクセスできる方法をマスターすることが、自分の身を守るのに有効です。

また本物のWEBサイトなら、サーバ証明書が発行されているはずです。サーバ証明書の内容を確認してからアクセスする方法も、フィッシング詐欺対策には有効です。

SSL暗号化がなされているか?

ネットバンキングにログインするとか、クレジットカード番号などの重要な情報を入力するときにはSSL暗号化がなされているかどうか確認しましょう。SSL暗号化とは、情報を文字通り暗号化してやり取りする手法です。解読する鍵は送信者と受信者しか持っておらず、途中で誰かが不正に入手しても内容が分かりません。

フィッシングサイトの場合、このようなSSL暗号化が行われていないことが多いです。SSL暗号化がなされているかどうかは、簡単に区別がつきます。

ブラウザのURLの表示部分が、SSL暗号化のサイトだと緑色に変わります。またウィンドウの下部に鍵のマークが表示されているかどうかでも判断できます。重要情報入力のページにSSLが使用されていないものは、まずフィッシングの可能性ありと思いましょう。

クレジットカード人気比較.comからのお知らせです

この1ヶ月で27,964人がこのサイトから
クレジットカードを比較しました。

ページの先頭へ