お好み比較リスト-

比較リストに
追加しました

20件まで登録可能

全て削除

比較リストに登録がありません

一件戻る
一件進む

比較リストで詳細比較する

クレジットカードとデビットカードの違いって

最近コマーシャルでもデビットカードなるものが宣伝されています。クレジットカードとどのような点が異なるのでしょう?

支払方式が異なる

テレビのコマーシャルでしばしばデビットカードの宣伝が流されているのを見たことはありませんか?カードを使ってキャッシュレスで支払いができるカードです。このように言われると、クレジットカードと具体的にどのような違いがあるのかと疑問に感じるはずです。

簡単に言うと、即時払いが後払いかの違いがまずあります。クレジットカードの場合、ショッピングをしてカードで代金を支払います。そして1か月後に請求書が届きますから、そこでカード会社に支払いをします。

一方デビットカードは、カードを使ったその瞬間、皆さんの銀行口座からお金が自動的に引き落とされます。つまり銀行口座に残っているお金が、利用限度額になるわけです。

審査のあるなしの違い

クレジットカードの場合、後でカード会社に代金を支払います。つまりショッピングをした代金を一時的に、カード会社に立て替えてもらうシステムであるといえます。そしてのちに代金支払いをするわけで、ツケの支払いやローンの返済と意味合いが似ています。

このため、カード会社としては本当に立て替えた代金を支払ってくれる人にしか、カードを発行したくありません。クレジットカードに申し込むと審査が行われるのは、与信が十分にあるかどうかのチェック作業です。

一方デビットカードは即時払いで、口座にお金がなければカードの支払いができなくなります。カード会社も立て替える必要がないため、与信審査を行う必要がありません。

クレジットカードだと、過去に返済でトラブルを起こしたことがあるとか収入が十分でない人は、審査で落とされる可能性があります。ところがデビットカードの場合、銀行口座を持っている人なら無条件でカード発行されるわけです。

ポイント付与などのサービスは?

クレジットカードを使って、常日頃から支払いをしている人は多いです。その理由は、カードを使ってショッピングするとキャッシュバックポイントが手に入るからではありませんか?ところでデビットカードの場合、カード払いをするとポイントは発生するのか気になる人も多いでしょう。

クレジットカードの中には、1%とか2%の高還元率でポイント付与しているカードも見られます。しかしデビットカードの場合、それほど高還元率でポイント付与する種類はありません。あったとしても、おまけ程度のものだと思ってください。

またクレジットカードの場合、公共料金や携帯代のような定期払いに利用できます。しかしデビットカードは定期払いには対応していないため、この部分には注意した方がいいです。

クレジットカード人気比較.comからのお知らせです

この1ヶ月で27,964人がこのサイトから
クレジットカードを比較しました。

ページの先頭へ